出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 僧の学階の称。奈良では、三会 (さんえ) の立義 (りゅうぎ) を勤め終えた僧の称号。比叡山では、横川 (よかわ) の四季講、定心房の三講の聴衆を勤めた僧の称号。

  1. 浄土宗・真宗の僧の学階で最下級の称。