どくしん‐じゅつ【読心術】例文一覧 1件

  1. ・・・であるかを観破するために云わば読心術の練習のようなことをする。「狸」でない子がわざとなんだか落着かないような様子をして天井を仰いでみたり鼻をこすってみたりして牽制しようとするなどはきわめて初歩であるので、その裏をかくつもりで「狸」自身がわざ・・・<寺田寅彦「追憶の冬夜」青空文庫>