出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、享保年間(1716~1736)に町奉行大岡忠相 (ただすけ) が江戸市中に設けた町火消し。いろは48文字から「へ・ら・ひ・京」を除き、代わりに「百・千・万・本」を加えて、それぞれの文字を名に付けた48組に分けた。→定 (じょう) 火消し大名火消し

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉