とく‐む【特務】例文一覧 8件

  1. ・・・ 宿舎の入口には、特務曹長が、むつかしげな、ふくれ面をして立っていた。「特務曹長殿、何かあったんでありますか?」「いや、そのう……」 特務曹長は、血のたれる豚を流し眼に見ていた。そして唇は、味気なげに歪んだ。彼等は、そこを通・・・<黒島伝治「前哨」青空文庫>
  2. ・・・入口から特務曹長がどなった。「命令が出とるんが分らんのか! 早く帰って準備をせんか!」「さ、ブウがやって来やがった。」       四 数十台の橇が兵士をのせて雪の曠野をはせていた。鈴は馬の背から取りはずされていた。・・・<黒島伝治「橇」青空文庫>
  3. ・・・それで二日の午前に、まず第一に陸軍から、大橋特務曹長操縦、林少尉同乗で、天候の観測をするよゆうもなく、冒険的に日光へ飛行機をかり、御用邸の上をせんかいしながら、「両陛下が御安泰にいらせられるなら旗をふって合図をされたい」としたためたかきつけ・・・<鈴木三重吉「大震火災記」青空文庫>
  4. 人物 バナナン大将。   特務曹長、   曹長、   兵士、一、二、三、四、五、六、七、八、九、十。場処 不明なるも劇中マルトン原と呼ばれたり。時  不明。幕あく。砲弾にて破損せる・・・<宮沢賢治「饑餓陣営」青空文庫>
  5. ・・・蟻の特務曹長が、低い太い声で言いました。 ねずみはくるっと一つまわって、いちもくさんに天井裏へかけあがりました。そして巣の中へはいって、しばらくねころんでいましたが、どうもおもしろくなくて、おもしろくなくて、たまりません。蟻はまあ兵隊だ・・・<宮沢賢治「ツェねずみ」青空文庫>
  6. ・・・千葉のファシスト地下組織は、もと上海特務機関中尉である大島軍司という人物を中心にして、千葉県知事、市長、成田山の僧正、千葉市警察署長、その他各地の警察署長とれんらくして、大島は警察パス、外務省パスを所持して、現在は法務庁に籍を持っているそう・・・<宮本百合子「新しい抵抗について」青空文庫>
  7. ・・・中共勝利とともに国内に流布した中共関係の文書の中には、かつて特務機関として奥地の情報を集めていた文書があり、獄中で検事局からの諮問に答えて上申した文書がある。それらは、侵略国日本が中国人民と中共からかすめとった収奪物でなくて何だろう。注意ぶ・・・<宮本百合子「五〇年代の文学とそこにある問題」青空文庫>
  8. ・・・同じグループの児玉誉士夫というのは児玉機関といわれた特務機関のような一種のファシズムのボスですが、彼は或る種の右翼的な作家、名前をいうことを止めますが、そういう作家達と近い関係にあったという話があります。 すべてのこういう事情はこんにち・・・<宮本百合子「平和運動と文学者」青空文庫>