と‐ぐら【座/×栖/×塒】例文一覧 15件

  1. ・・・……その親たちのは何処?……この嬰児ちゃんは寂しそうだ。 土手の松へは夜鷹が来る。築土の森では木兎が鳴く。……折から宵月の頃であった。親雀は、可恐いものの目に触れないように、なるたけ、葉の暗い中に隠したに違いない。もとより藁屑も綿片も・・・<泉鏡花「二、三羽――十二、三羽」青空文庫>
  2. ・・・お旦那の前だが、これから先は山道をへ帰るばかりだでね――ふらりふらりとよ。万屋 親仁の、そのふらりふらりは、聞くまでもないのだがね、にはまだ刻限が早かろうが。――私も今日は、こうして一人で留守番だが、湯治場の橋一つ越したこっちは、こ・・・<泉鏡花「山吹」青空文庫>
  3. ・・・ 橇には、五人ずつ、或は六人ずつにかたまる鶏のように防寒服の毛で寒い隙間を埋めて乗りこんだ。歩けない者は、看護卒の肩にすがり、又は、担架にのせられて運んで行かれた。久しい間の空気のこもった病室から院庭へ出ると、圧縮された胸がすが/\し・・・<黒島伝治「氷河」青空文庫>
  4. ・・・「狐には穴あり、鳥には、されども人の子には枕するところ無し」それ、それ、それだ。ちゃんと白状していやがるのだ。ペテロに何が出来ますか。ヤコブ、ヨハネ、アンデレ、トマス、痴の集り、ぞろぞろあの人について歩いて、脊筋が寒くなるような、甘ったる・・・<太宰治「駈込み訴え」青空文庫>
  5. ・・・の新夫婦は唖々と鳴きかわして先になり後になり憂えず惑わず懼れず心のままに飛翔して、疲れると帰帆の檣上にならんで止って翼を休め、顔を見合わせて微笑み、やがて日が暮れると洞庭秋月皎々たるを賞しながら飄然とに帰り、互に羽をすり寄せて眠り、朝にな・・・<太宰治「竹青」青空文庫>
  6. ・・・いつかに迷うた蝙蝠を追うて荒れ地のすみまで行ったが、ふと気がついて見るとあたりにはだれもいぬ。仲間も帰ったか声もせぬ。川向こうを見ると城の石垣の上に鬱然と茂った榎がやみの空に物恐ろしく広がって汀の茂みはまっ黒に眠っている。・・・<寺田寅彦「花物語」青空文庫>
  7. ・・・傾きやすき冬日の庭にを急ぐ小禽の声を聞きつつ梔子の実を摘み、寒夜孤燈の下に凍ゆる手先を焙りながら破れた土鍋にこれを煮る時のいいがたき情趣は、その汁を絞って摺った原稿罫紙に筆を執る時の心に比して遥に清絶であろう。一は全く無心の間事である。一・・・<永井荷風「十日の菊」青空文庫>
  8. ・・・頬白はを求めて慌ててさまよった。冷気を含んだ疾風がごうと蜀黍の葉をゆすって来た。遠く夕立の響が聞えて来た。文造は堪らなくなった。彼は鍬を担いで飛び出した。それと同時に屋根へ打ち込んだ鎌の切先が文造の額に触れた。はっと押えた時文造の手の平は・・・<長塚節「太十と其犬」青空文庫>
  9. ・・・ 午前六時何分かに、鳥栖で乗換る頃には霧雨であった。南風崎、大村、諫早、海岸に沿うて遽しくくぐる山腹から出ては海を眺めると、黒く濡れた磯の巖、藍がかった灰色に打ちよせる波、舫った舟の檣が幾本も細雨に揺れ乍ら林立して居る景色。版画的で、眼・・・<宮本百合子「長崎の一瞥」青空文庫>
  10. ・・・そこを立って来た夜半に、計らず聴いた雨の音故一きわすがすがしく、しめやかに感じたということもあろう。鳥栖で、午前六時、長崎線に乗換る時には、歩廊を歩いている横顔にしぶきを受ける程の霧雨であった。車室は、極めて空いている。一体、九州も、東海岸・・・<宮本百合子「長崎の印象」青空文庫>
  11. ・・・ すっかりまるはだかにされた樹々が、一枚の葉さえないような太い枝を、ブッツリ中途から切られて、寒げに灰色の空に立つ様子。を奪われた烏共が、夕方になると働いている者の頭の上に、高く低く飛び交いながら鳴くのなどをみると、禰宜様宮田は振り上・・・<宮本百合子「禰宜様宮田」青空文庫>
  12. ・・・ 今夜は何処でを見つけるのかな。心配するのは人間の心持だ。自然は豊富に、枝の茂み葉のかさなりを持っている。私は硝子戸を静にあけ、外を見た。暗い。室内からさす燈火のかげで、近い樹木の葉が一部分光る。軽く風が吹いた。梢が動く。動く梢のどこ・・・<宮本百合子「春」青空文庫>
  13. ・・・文学は、小市民的な身辺小説の歴史的なから、よしや今宵の枝のありかを知らないでも、既に飛び立たざるを得なくなって来ている。 国民文学の声々は、それらの飛び立った作家たちが、群をはなれぬよう心をつかいつつ而もその群の範囲ではめいめいの方向・・・<宮本百合子「平坦ならぬ道」青空文庫>
  14. ・・・その内、台所の土間の隅に棚のあるのを見附けて、それへ飛び上がろうとする。を捜すのである。石田は別当に、「鳥を寝かすようにして遣れ」と云って居間に這入った。 翌日からは夜明に鶏が鳴く。石田は愉快だと思った。ところが午後引けて帰って見ると・・・<森鴎外「鶏」青空文庫>
  15. ・・・なにがしという一人の家を囲みたるおり、鶏のにありしが、驚きて鳴きしに、主人すは狐の来しよと、素肌にて起き、戸を出ずる処を、名乗掛けて唯一槍に殺しぬ。六郎が父は、其夜酔臥したりしが、枕もとにて声掛けられ、忽ちはね起きて短刀抜きはなし、一たち・・・<森鴎外「みちの記」青空文庫>