出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ下一][文]と・く[カ下二]《「と(解)ける」と同語源》
  1. 固体が、熱や薬品などによって、液状になる。「氷が―・ける」「暑さでアスファルトが―・ける」

  1. ある物質が液体の中に平均にまじって、液体と一体になる。「砂糖が水に―・ける」「油は水に―・けない」

[補説]1で、特に金属の場合は「鎔ける」「熔ける」とも書く。

出典:青空文庫

出典:gooニュース