出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《「か」は副助詞》(副詞的にも用いる)
  1. はっきりと指示できない場所を示す。「何処かで聞いた文句だ」「何処か遠くへ行きたい」

  1. はっきりとは示せないが、そのようであるという気持ちを表す。何となく。どこやら。「何処か変だ」