出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「つ」は「の」の意の格助詞》「常世 (とこよ) の国」に同じ。

「やまひしあつしれて、―に至る」〈雄略紀〉