出典:デジタル大辞泉(小学館)

海藻のテングサを煮て寒天質をこし、型に流し込んで冷やし固めた食品。ところてん突きで突き出してひも状にし、酢醤油二杯酢などをかけて食べる。夏の味覚とされる。 夏》