出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代以来の大和絵の伝統を受け継いだ画派。室町前期、宮廷の絵所預 (えどころあずかり) であった藤原行光が祖とされ、行広が土佐を名のって成立。室町後期の土佐光信によって隆盛をみた。漢画狩野派と並ぶ画派として江戸末期まで続いた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉