出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形ク]

  1. (利し・鋭し)切れ味がよい。鋭い。

    1. 「剣大刀 (つるぎたち) 諸刃 (もろは) の―・きに足踏みて死なば死なむよ君によりては」〈・二四九八〉

  1. (疾し)

    1. ㋐勢いが激しい。

      「ぬばたまの夜さり来れば巻向 (まきむく) の川音高しも嵐かも―・き」〈・一一〇一〉

    2. ㋑速力が早い。迅速である。

      「足―・き御馬に移鞍 (うつし) 置きて」〈・夕霧〉

    3. ㋒時期が早い。また、時間の経過が早い。

      「春や―・き花や遅きと聞き分かむ鶯 (うぐひす) だにも鳴かずもあるかな」〈古今・春上〉

    4. 「うすものの表紙は―・く損ずるがわびしき」〈徒然・八二〉
  1. (敏し)頭の働きなどが機敏である。賢い。

    1. 「心―・きものにて、ふと思ひ寄りぬ」〈・葵〉

出典:青空文庫