出典:デジタル大辞泉(小学館)

酒石酸の溶液に三酸化アンチモンを加えて作る、無色の粉末状の結晶。劇薬。かつては駆虫薬催吐薬とされたが、副作用が強く、現在はほとんど用いられない。農薬・媒染剤・試薬などに使用。酒石酸カリウムアンチモニウム。酒石酸アンチモニルカリウム。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉