と‐しょう〔‐セフ〕【徒渉/渡渉】例文一覧 1件

  1. ・・・旅には渡渉する川が横たわり、住には小獣の迫害がある。そうして梨を作り、墨絵をかきなぐり、めりやすを着用し、午の貝をぶうぶうと鳴らし、茣蓙に寝ね、芙蓉の散るを賞し、そうして水前寺の吸い物をすするのである。 このようにして一連句は日本人の過・・・<寺田寅彦「連句雑俎」青空文庫>