と‐しょうじ〔‐シヤウジ〕【戸障子】例文一覧 7件

  1. ・・・が、人気勢のする破障子を、及腰に差覗くと、目よりも先に鼻を撲った、このふきぬけの戸障子にも似ず、したたかな酒の香である。 酒ぎらいな紳士は眉をひそめて、手巾で鼻を蔽いながら、密と再び覗くと斉しく、色が変って真蒼になった。 竹の皮散り・・・<泉鏡花「怨霊借用」青空文庫>
  2.        一 如月のはじめから三月の末へかけて、まだしっとりと春雨にならぬ間を、毎日のように風が続いた。北も南も吹荒んで、戸障子を煽つ、柱を揺ぶる、屋根を鳴らす、物干棹を刎飛ばす――荒磯や、奥山家、都会離れた国々・・・<泉鏡花「菎蒻本」青空文庫>
  3. ・・・いまここで、この親友を怒らせ、戸障子をこわすような活劇を演じたら、これは私の家では無し、甚だ穏やかでない事になる。そうでなくても、子供が障子を破り、カーテンを引きちぎり、壁に落書などして、私はいつも冷や冷やしているのだ。ここは何としても、こ・・・<太宰治「親友交歓」青空文庫>
  4. ・・・ 音が四方の山から反響し、家の戸障子にはげしい衝動を与える。空には火炎のような雲の峰が輝いている。朱を注いだような裸の皮膚には汗が水銀のように光っている。すべてがブランギンの油絵を思い出させる。 耳を聾するような音と、眼を眩する・・・<寺田寅彦「田園雑感」青空文庫>
  5. ・・・後になって当夜の事をきいて見ると、春浪さんは僕等三人が芸者をつれて茶亭に引上げたものと思い、それと推測した茶屋に乱入して戸障子を蹴破り女中に手傷を負わせ、遂に三十間堀の警察署に拘引せられたという事であった。これを聞いて、僕は春浪さんとは断乎・・・<永井荷風「申訳」青空文庫>
  6. ・・・を致し、最前はただ杉檜の指物膳箱などを製し、元結の紙糸を捻る等に過ぎざりしもの、次第にその仕事の種類を増し、下駄傘を作る者あり、提灯を張る者あり、或は白木の指物細工に漆を塗てその品位を増す者あり、或は戸障子等を作て本職の大工と巧拙を争う者あ・・・<福沢諭吉「旧藩情」青空文庫>
  7. ・・・  或人は ○カンシャクを起すと、子供のように戸障子をゆする。     十月の百花園で見たもの    清浦の馬面、ノビリティーナシ 写真    │  黄蜀葵を一輪とって手に持つ。 秋草。清浦ととりまきの陣笠・・・<宮本百合子「一九二五年より一九二七年一月まで」青空文庫>