と‐じん〔‐ヂン〕【都×塵】例文一覧 1件

  1. ・・・ やっぱり怒れず、そのまま炎天の都塵、三度も、四度も、めまいして、自動車にひかれたく思って、どんどん道路横断、三里のみちを歩きながら、思うことには、人間すべて善玉だ。豪雨の一夜、郊外の泥道、這うようにして荻窪の郵便局へたどりついて一刻争・・・<太宰治「二十世紀旗手」青空文庫>