ど‐せい【土星】例文一覧 1件

  1. ・・・来たらすぐ持って来てお目にかけますよ。土星の環なんかそれぁ美しいんですからね。」 土神は俄に両手で耳を押えて一目散に北の方へ走りました。だまっていたら自分が何をするかわからないのが恐ろしくなったのです。 まるで一目散に走って行きまし・・・<宮沢賢治「土神ときつね」青空文庫>