出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)(梵)dhūtaの訳。音字は頭陀》仏語。
  1. 衣食住に対する欲望をはらいのけ、身心を清浄にすること。また、その修行。とすう。

  1. 雑念をはらって心を一つに集めること。

    1. 「いよいよ精神を―して」〈露件・連環記〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉