とっ‐きゅう〔トクキフ〕【特急】例文一覧 3件

  1. ・・・我々は特急にのっている。我々の列車が、モスクワを出て三日目だのに既に十八時間遅れながら、社会主義連邦中枢よりのニュースを、シベリアのところどころに撒布しつつ進行しているわけである。 この『コンムーナ』は二十七日の分である。深い興味で隅か・・・<宮本百合子「新しきシベリアを横切る」青空文庫>
  2.  今朝は、家じゅうが目醒しで起きた。Yが京都へ特急で立つのだ。ゆうべ、N氏のところを訪ね、十一時すぎに帰ってから風呂に入った。よく眠り、目醒しが鳴った始めの方を聞きとれなかったらしい。はっと気がついたら、茶の間で盛にオテテコ・・・<宮本百合子「木蔭の椽」青空文庫>
  3. ・・・国男がいそいで引かえし、特急に間に合わせようとしたが到頭駄目であったので、金は電報為替にして送り、紙入その他は又別に送ったりした由。この秋、父は何年ぶりかで、計らず最後となった奈良の古美術足脚をしたのであった。・・・<宮本百合子「中條精一郎の「家信抄」まえがきおよび註」青空文庫>