出典:デジタル大辞泉(小学館)

東日本の縄文晩期の磨製石器。両端がとがり、中央に2か所、節があり、仏具の独鈷 (とっこ) に似ているところからの名称。呪術・祭儀などに用いたとみられる。