出典:デジタル大辞泉(小学館)

山口県東部の市。瀬戸内海に面する。もと吉川 (きっかわ) 氏の城下町、明治以後は繊維工業地として発展。臨海地帯は第二次大戦後、石油化学コンビナートが成立。錦川に錦帯橋が架かる。天然記念物シロヘビの生息地。南部に古くから茶会の水として知られる桜井戸がある。平成18年(2006)3月、由宇 (ゆう) 町・玖珂 (くが) 町・本郷村・周東町・錦町・美川町・美和町と合併。人口14.4万(2010)。

出典:青空文庫

出典:gooニュース