あおいはな〔あをいはな〕【青い花】 の意味

  1. 《原題、(ドイツ)Heinrich von Ofterdingenノバーリスの未完の小説。1802年刊。無限へのあこがれの象徴としての青い花を求めて旅をする物語。ドイツロマン派の詩の精神と愛を象徴する語となった。