出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. いずれにせよ。どっちみち。

    1. 「わが身は―同じこと」〈・薄雲〉

  1. どのようにしてでも。どうあろうと。

    1. 「おのれは―経なむ」〈大和・一四八〉