出典:デジタル大辞泉(小学館)

俗曲の一。寛政(1789~1801)末期から文化(1804~1818)初期のころ、潮来節 (いたこぶし) よしこの節を母体として成立。天保(1830~1844)末期に江戸の都々逸坊扇歌が寄席で歌って流行した。七・七・七・五の26文字で、男女の情の機微を表現したものが多い。都都逸節。