出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 貴人の住む大きな邸宅。やかた。ごてん。

    1. 「―より人なむ参りたる」〈大和・一七一〉

  1. 《邸宅に住む人をさしていう》

    1. ㋐貴人に対する敬称。

      「―は、今こそいでさせ給ひけれ」〈・少女〉

    2. 摂政関白に対する敬称。

      「前 (さき) の―の御女 (むすめ) 」〈増鏡・藤衣〉

  1. 主君に対する敬称。

    1. 「―は智者にてわたらせ給へば」〈仮・伊曽保・上〉

  1. 中世、妻の夫に対する敬称。

    1. 「―はおなじ心にもおぼさぬにや、とて」〈宇治拾遺・六〉

  1. 女から男をさしていう敬称。殿御 (とのご) 。殿方。

    1. 「起上り小法師、やよ、―だに見ればつい転ぶ」〈虎明狂・二人大名

[補説]現代でも地位の高い人や主人にあたる人をさして呼ぶことがある。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉