とび‐いり【飛(び)入り】例文一覧 1件

  1. ・・・それにまた三田の出身者ではなく、外から飛入りの先生だから、そう長く腰を据えるのはよくないという考もあった。 わたくしの父は、生前文部省の役人で一時帝国大学にも関係があったので、わたくしは少年の頃から学閥の忌むべき事や、学派の軋轢の恐るべ・・・<永井荷風「正宗谷崎両氏の批評に答う」青空文庫>