出典:デジタル大辞泉(小学館)

菅原道真大宰府 (だざいふ) に左遷されるとき、大切にしていた庭の梅の木に「東風 (こち) 吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」の一首をかけて去ったところ、その梅の木が道真を慕って、大宰府にまで飛んで行ったという故事。また、その故事にちなんだ、太宰府市安楽寺の梅。