出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]《「いわそそぐ」とも》高い所から岩の上に水が垂れ注ぐ意から、「岸」「たる」にかかる。
  • 「―岸の浦廻 (うらみ) に寄する波」〈・一三八八〉
「―垂氷 (たるひ) の上にさす日影」〈千五百番歌合・一〉