とび‐しょく【×鳶職】例文一覧 1件

  1. ・・・……鳶職のもの、鳶職のもの。」 そこで、蛤が貝を開いて、「善光寺様、お開帳。」とこう言うのである。 鉈豆煙管を噛むように啣えながら、枝を透かして仰ぐと、雲の搦んだ暗い梢は、ちらちらと、今も紫の藤が咲くか、と見える。   ・・・<泉鏡花「瓜の涙」青空文庫>