出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ五(四)]

  1. 空中を移動する。飛行する。「鳥が―・ぶ」

  1. 吹かれて空中に舞う。「木の葉が―・ぶ」

  1. 飛行機に乗って目的地へ行く。「外相がワシントンヘ―・ぶ」

  1. 何かをめがけて勢いよく放たれる。「つぶてが―・ぶ」

  1. はねて空中へ散る。飛散する。「火花が―・ぶ」「しぶきが―・ぶ」

  1. (「跳ぶ」と書くことが多い)はずみをつけて、地面・床などをけり、からだが空中にあがるようにする。強く踏みきって遠くへ行く。また、はねて越える。「ジャンプ競技でK点まで―・ぶ」「溝を―・ぶ」「飛び箱を―・ぶ」

  1. 大急ぎで、また、あわててある所へ行く。急行する。かけつける。「事故現場へ―・ぶ」「おっとり刀で―・んでいく」

  1. 一気に遠くまで至る。「心は故国に―・んでいる」

  1. 犯人などが遠くへ逃げる。逃亡する。「犯人は海外へ―・んだらしい」

  1. 10 すばやくある行為がなされたり、急に勢いよく言葉がかけられたりする。「びんたが―・ぶ」「声が―・ぶ」

  1. 11 うわさ・命令などがたちまちひろがる。つたわる。「デマが―・ぶ」

  1. 12 あったものが消えてしまう。一時になくなる。「染めが―・ぶ」「ローンの返済でボーナスの半分が―・ぶ」

  1. 13 つながっていたものが急に切れる。元から離れる。「ヒューズが―・ぶ」「地震計の針が―・ぶ」

  1. 14 間を抜かして先へ移る。途中が欠けてあとへ続く。「ページが―・ぶ」「縫い目が―・ぶ」

  1. 15 (「飛んで」の形で)数字を読みあげる際、ある位の数字が零のとき、その零を読むかわりにいう語。例えば、「五〇六円」を「五百飛んで六円」というなど。飛び。

  1. 16 写真などで、明るい部分の階調が失われて真っ白になる。→白飛び

[可能]とべる

出典:gooニュース

出典:青空文庫