いわたはら‐だいち〔いはたはら‐〕【磐田原台地】 の意味

  1. 静岡県南西部、天竜川下流にある洪積台地。標高10~120メートル。茶・葉タバコ・サツマイモの栽培が盛ん。中心都市は磐田市・袋井市。西方の三方ヶ原 (みかたがはら) に対する。