出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 動いていたものが動かなくなる。動きをそこでやめた状態になる。停止する。「時計が―・る」「特急の―・る駅」「エンジンが―・る」

  1. 続いていたものが続かなくなる。通じていたものが通じなくなる。「成長が―・る」「道はそこで―・っている」「水道が―・る」

  1. 飛んでいた虫・鳥などが物につかまって静止した状態を保つ。「蝶が花に―・る」「小鳥が枝に―・る」

  1. 動かないように固定される。「画鋲 (がびょう) ではうまく―・らない」

  1. 心・目・耳に感じられる。印象が消えずに残る。「目に―・る」「耳に―・った話」

  1. (「お高くとまる」の形で)えらそうな態度をとる。「お高く―・っていて返事もしない」

  1. とりやめになる。中止される。

    1. 「いつしか思ひたることの、障 (さは) ること出 (い) で来て、にはかに―・りぬる」〈能因本枕・一〇三〉

  1. 行き着く。

    1. 「ことわりも何もいづこに―・るべきにか」〈・若菜上〉

  1. そこに残る。とどまる。

    1. 「行くも―・るもみな泣きなどす」〈更級

  1. 10 生き残る。この世にとどまる。

    1. 「―・りゐる身も老いらくののちなればさらぬ別れぞいとどかなしき」〈新勅撰・雑三〉

[可能]とまれる

出典:青空文庫