とめ‐おとこ〔‐をとこ〕【留(め)男】例文一覧 1件

  1. ・・・当の二人と二、三人の留男とは毬になって赤土の泥の中をころげ廻った。折重なった人々がようやく二人を引分けた時は、佐藤は何所かしたたか傷を負って死んだように青くなっていた。仲裁したものはかかり合いからやむなく、仁右衛門に付添って話をつけるために・・・<有島武郎「カインの末裔」青空文庫>