出典:デジタル大辞泉(小学館)

(多く「とめどない」「とめどもない」の形で)とめるところ。とどまるところ。終わり。際限。「涙が止め処もなく流れる」「止め処ない話」