出典:デジタル大辞泉

[動マ下一][文]と・む[マ下二]
  1. 動いているものを動かないようにする。「タクシーを―・める」「文章を書く手を―・める」

  1. 継続しているものを続かなくさせる。とだえさせる。「息を―・める」「痛みを―・める」

  1. 固定して離れないようにする。「紙をピンで―・める」「背広のボタンを―・める」

  1. やめさせる。制止する。「けんかを―・める」

  1. 関心を向ける。注意する。「心を―・めて聞く」「ふとテレビに目を―・める」

  1. その場にとどめ置く。「取り調べのため警察に―・める」

  1. やめる。

    1. 「忌あれば―・めつ」〈かげろふ・上〉

  1. あとに残す。

    1. 「月影の宿れる袖はせばくとも―・めても見ばや飽 (あ) かぬ光を」〈・須磨〉

[補説]俗に、「駐める」と書いて駐車の意とし、「停める」を停車の意として使い分けることがある。