出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接助]動詞型・形容動詞型活用語の終止形、形容詞型活用語および助動詞「ず」の連用形に付く。
  1. 未成立の事実を条件とし、それに制約されずにある事柄が実現する意を表す。…としても。…ても。「どんなにつらくともくじけるな」「嫌なら行かずともよい」

    1. 「たとひ弓を持ちたり―、矢をはげずは(=矢ヲ弓ノ弦ニヒッカケナケレバ)かなひがたし」〈平家・九〉

  1. 確定した事柄を条件とし、それに制約されずにある事柄が実現する意を表す。たとえ、そうであっても。…のだが、それにしても。…たとしても。

    1. 「かくさし籠めてあり―、かの国の人来 (こ) ば、みな開きなむとす」〈竹取

[副助]形容詞型活用語の連用形、あるいは量を表す副詞につく。量・程度や限度などを示す。「遅くとも11時までには帰る」「多少とも理解を示す」
[終助]活用語の終止形に付く。相手の言葉に強く同調・同意する意を表す。「きれいだとも」「そうです、そのとおりですとも」
    1. 「左様でござる―」〈伎・幼稚子敵討〉

[補説]「とも」は、引用の格助詞「と」に、係助詞「も」の付いたものとも。は、上代、上一段活用動詞「見る」に付く場合に限り、「見 (み) とも」という形をとることがある。「万代に携はり居て相見 (み) とも思ひ過ぐべき恋にあらなくに」〈・二〇二四〉また、中世以降、動詞型活用語の連体形に付くものもみられる。「死ぬるとも敵に後を見すな」〈平家・九〉近世以降になると、文章語に用いられ、口語では、もっぱら「ても」が使われるようになる。は、中世末以降の口語において用いられた。