出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。二番目物世阿弥または観世元雅の作。源朝長の守役であった僧が、美濃の青墓 (あおはか) に朝長の墓所を訪ねて観音懺法 (せんぼう) を修法すると、朝長の霊が現れ、自害するまでのようすを語る。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉