出典:デジタル大辞泉(小学館)

《葦が生い茂り、永遠に穀物が豊かにみのる国の意》日本国の美称。

「―有り。宜しく汝 (いまし) が往ひて脩 (しら) すべし」〈神代紀・上〉