出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. モズク科の褐藻。本州・九州沿岸の波の当たる岩上に群生し、高さ5~15センチ。軟骨質の糸状で暗褐色をし、乾くと黒くなる。

  1. ツツジ科の常緑小低木。本州以北の高山の岩の間に生える。茎にうろこ状の葉が密につく。夏、白色または淡紅色の釣鐘形の花をつける。

[生物/植物名]カテゴリの言葉