出典:デジタル大辞泉(小学館)

大正12年(1923)無政府主義者の難波大助が摂政宮裕仁 (ひろひと) 親王を、虎ノ門付近で狙撃した事件。山本権兵衛内閣は責任をとって総辞職した。