トラホーム【(ドイツ)Trachom】例文一覧 4件

  1. ・・・ トラホームなぞだと困る、と、その涙をとにかく内側へ深く折込んだ、が。――やがて近江屋へ帰って、敷石を奥へ入ると、酒の空樽、漬もの桶などがはみ出した、物置の戸口に、石屋が居て、コトコトと石を切る音が、先刻期待した小鳥の骨を敲くのと同一で・・・<泉鏡花「みさごの鮨」青空文庫>
  2. ・・・という人にあって聞きました。トラホームだの頸腺腫だのX彎曲だの、というくだりは、あなたに、いい、といわれたばかりに、どこへでも持って歩いていたのです。『新ロマン派』で追記風にある同人雑誌のある人をほめていたことばを見て、ねたましく思ったこと・・・<太宰治「虚構の春」青空文庫>
  3. ・・・あのトラホームの眼のふちを擦る青い石だ。あれを五かけ、紙に包んで持って来て、ぼくをさそった。巡査に押えられるよと云ったら、田から流れて来たと云えばいいと云った。けれども毒もみは卑怯だから、ぼくは厭だと答えたら、しゅっこは少し顔いろを変えて、・・・<宮沢賢治「さいかち淵」青空文庫>
  4. ・・・ 農村の女の生活も実に辛苦に満ちていて、乳児の死亡率も多いし、トラホームなどもひどくはびこっている。経済的にゆとりのないことと、時間がないことが農村の女の向上を阻んでいるのだが、漁家の女が何とはなしその日暮しの生活の習慣に押しながされて・・・<宮本百合子「漁村の婦人の生活」青空文庫>