と‐り【××裡/×肚裏】例文一覧 1件

  1. ・・・が、垂仁朝の貉は、ただ肚裡に明珠を蔵しただけで、後世の貉の如く変化自在を極めた訳ではない。すると、貉の化けたのは、やはり推古天皇の三十五年春二月が始めなのであろう。 勿論貉は、神武東征の昔から、日本の山野に棲んでいた。そうして、それが、・・・<芥川竜之介「貉」青空文庫>