とり‐あ・う〔‐あふ〕【取り敢ふ】 の意味

  1. [動ハ下二]
  1. 余裕をもって取る。ちゃんと取る。多く、あとに打消しの表現を伴って用いる。
    • 「蓑も笠も―・へで、しとどにぬれて惑ひ来にけり」〈伊勢・一〇七〉
  1. 前もって用意する。準備する。
    • 「かねてしも―・へたるやうなり」〈・胡蝶〉
  1. ちょうどその場にある。また、当座に間に合わせる。
    • 「―・へたるに従ひて参らせたり」〈・松風〉
  1. こらえる。耐える。
    • 「木の葉よりけにもろき御涙は、まして―・へ給はず」〈・葵〉