出典:デジタル大辞泉(小学館)

神社の神域を象徴する一種の門。2本の柱の上に笠木 (かさぎ) を渡し、その下に貫 (ぬき) を入れて柱を連結したもの。笠木の下に島木 (しまぎ) のある明神鳥居の系統と、島木のない神明 (しんめい) 鳥居の系統に大別される。