とりうち‐ぼうし【鳥打(ち)帽子】 の意味

  1. 《狩猟などに用いたところから》前びさしのついた丸く平たい帽子。ハンチング。鳥打ち帽。