出典:デジタル大辞泉(小学館)

tricarboxylic acid cycle》生物体中で、有機物が燃焼して二酸化炭素と水になる代謝回路。糖や脂肪酸などの分解によってできた活性状態の酢酸オキサロ酢酸と結合し、三つのカルボキシル基をもつ化合物の枸櫞 (くえん) 酸となることから始まり、さまざまな有機酸に転変しながら炭酸ガスと水、エネルギーを生じ、再びオキサロ酢酸に戻り、同様の反応を繰り返す。枸櫞酸回路。クレブス回路。TCA回路。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉