とり‐こ・む【取(り)込む】 の意味

  1. [動マ五(四)]
  1. 外に出してある物を取って中に入れる。とりいれる。「洗濯物を―・む」「のれんを―・む」
  1. ㋐他のいいものを受け入れる。取り入れる。「大和絵の技法を―・む」
  1. ㋑不正な方法で金品を自分のものにする。だましとる。「店の金を―・む」
  1. 人をまるめこむ。取り入る。「社長にうまく―・んで専務に収まる」
  1. 不幸など、不意の出来事や急を要することなどで、忙しく落ち着かない状態になる。ごたごたする。「突然の不幸で―・んでいる」「火事騒ぎで―・んでいる」