とり‐さげ【取(り)下げ】例文一覧 1件

  1. ・・・十一月四日の公判廷に鍛冶、丁野、栗林の三弁護士を選任して出廷した竹内被告は、三ヵ月ぶりに職場仲間の顔を見、その一人一人が立って、口々に検事の不当な取調べぶりを詳述して公訴取下げを要求するのをきいたとき、自身のうけた取調べにつき、自身のおかれ・・・<宮本百合子「それに偽りがないならば」青空文庫>