出典:デジタル大辞泉(小学館)

多人数が集まって詩を作るとき、各人が韻字本を無心に開き、そこに出た韻字をその人の詩の韻とする。探韻 (たんいん) する。

「貴ぶ所これ賢才といふ題にして―・らるることあり」〈神皇正統記・村上〉