とり‐なし【取(り)成し/執(り)成し】例文一覧 1件

  1. ・・・ で、諸大名ら人の執成しで、将軍義澄の叔母の縁づいている太政大臣九条政基の子を養子に貰って元服させ、将軍が烏帽子親になって、その名の一字を受けさせ、源九郎澄之とならせた。 澄之は出た家も好し、上品の若者だったから、人も好い若君と喜び・・・<幸田露伴「魔法修行者」青空文庫>