出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 皮膚が、羽をむしり取った鳥の皮のようにぶつぶつになる現象。また、その肌。寒さや恐怖などによって立毛筋が収縮し毛が立って起こる。粟 (あわ) はだ。「鳥肌が立つ」

  1. ざらざらしている皮膚。鮫肌 (さめはだ) 。

出典:青空文庫

出典:gooニュース